Branding Consult

ブランディング

  

  デビット・アーカー氏によると、

1. マーケティング観点で、ブランドは組織から顧客への約束、つまりそのブランドが表すものが機能面だけでなく、

   情緒面や自己表現、人間関係においても役立つという約束だと言います。

 

2. マネジメント観点で、ブランドは未来の成功ための足場であり、継続的な価値を生み出す資産であると主張します。

 

すなわち、ブラディングと言うのは、今まで抽象的なクリエティブののみならず、

科学的に立証し、マネジメントできるものとなります。

私たちは、電通流、P&G流、そしてアーカー流の学問を取り入れて、様々な角度からブランドの「核」を探り、

その魅力を最大限に伸ばしていきます。

 

 

グローバル・マーケティング

 

 グローバリズムが進み、インターネット技術が普及し、人の移動に伴い、国家間および文化間の距離が一気に近くなりました。

 自社商品を自国市場だけではなく、周辺諸国のマーケットにもチャレンジしやすくなります。

 そこに起きるローカライゼーション・マネジメントや異文化コミュニケーション、

 グローバルブラディングの必要性などの問題が日々起きます。

 

 私たちは、現地市場の消費者声を最前線で分析し、「今」何が起きているか、そして何が求められているかを、

 いち早くキャッチし、お客様の商品およびサービスに適した戦略を提案いたします。

 

 

主要取引先

 

 株式会社 電通

 株式会社 博報堂

 株式会社 mixi

 株式会社 INE

 NetEase, Inc.

 沖縄UDS株式会社

 

 

 

© 2013 by Clean Insight Inc.. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic